ホーム韓国生活韓国生活ノウハウ韓国料理・食べ物韓国旅行韓国語韓国エンタメ韓国資料・データ韓国関連サイト情報用語集サイトマップ

ネイバー(네이버)

掲載 : 2017.5.25

サイトの性格

ネイバー(네이버)は韓国の一番大きいウェブサイトです。最初はサムソンSDSの職員たちが社内ベンチャー企業として始めて1999年6月分社しました。検索サイト、メールサービスが最初提供したサービスでしたが、新聞記事、動画、地図、不動産情報、漫画(ウェブトゥン)、ショッピングサイト検索(価格ドットコムのような機能)など、韓国ではネイバー(네이버)1つですべて解決できると言われるほど色んなサービスを提供しています。ネイバー(네이버)は日本で人気高い「ライン」サービスの親会社でもあります。
ネイバー(네이버)

サイトの特徴

韓国では生活しながらネイバー(네이버)を使わないと不便なことがいっぱいあります。

サイト機能が多すぎ一部の機能を紹介します。
  1. 韓国に最適化した検索機能(https://www.naver.com)
  2. 色んな言語、豊富な例文の辞書サービス(http://dic.naver.com)
  3. 有料新聞記事と変わらないニュースサービス(http://news.naver.com)
  4. 2Gバイトのファイルを10個まで添付できる無料メールサービス(https://mail.naver.com)
  5. オンラインで使える無料オフィスプログラム(http://office.naver.com)
  6. 無料ウイルスワクチンプログラム(http://tools.naver.com/service/vacc...)
  7. インターネット漫画ウェブトゥン(http://comic.naver.com/index.nhn)

問題点

利用者としては一つのIDを利用し一つのサイトで色んなサービスが利用できるのはとても便利ですが、企業の立場では恐ろしいことでもあります。中小企業が長い時間と努力を掛けて構築してきた分野や事業をネイバーは莫大な資金を利用し合併したり、自分らのネットインフラを利用し中小企業のもの以上の結果をだしています。例えば、ユニークな地図システムとダウンロードして印刷できるミニ旅行ガイドブックで人気があった旅行情報サイトウィングバス(윙버스)を吸収合併した後、うまく運営ができず閉鎖したことが代表的です。

URL

http://www.naver.com
 
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by MoreKorea.net | お問い合わせ