ホーム韓国生活韓国生活ノウハウ韓国料理・食べ物韓国旅行韓国語韓国エンタメ韓国資料・データ韓国関連サイト情報用語集サイトマップ
[肥満度チェック] 実は肥満じゃない?

2018年1月以降letsencryptの設置時、Certbotがエラーで作動使えない場合の解決方法

掲載 : 2018.2.14
letsencryptの設置と使用方法はこちらで確認して下さい。

letsencryptでドメイン登録時エラーが発生する状況

letsencryptを設置しなんの問題もなく使用中、ある日新(일신/イルシン)しいサイトを追加し、letsencryptのSSLを適用するため「certbot --apache -d www.ドメイン名.com」を入力すると下のようなエラーメッセージが現れながら進めませんでした。
    エラーメッセージ
  1. Client with the currently selected authenticator does not support any combination of challenges that will satisfy the CA.
TLS-SNI検証の無効化がエラーの理由で2018年1月以前設置したCertbotでは新しいサイトの追加と更新ができません。

解決方法

Certbotをアップデートすることで解決できます。
    Certbotのアップデートコマンド
  1. #yum update cerbot
「yum update cerbot」コマンドを入力すると「Certbot」の新しいアップデートファイルと「Certbot」を使うために必要な関連ファイルのアップデートファイルの確認が行われます。
    アップデートファイルを確認
  1. Is this ok [y/d/N]:
アップデートが必要なファイルの検索などを確認した後、ファイルをアップデートしてほしいなのか再確認の質問が出てきますので「y」キーとエンターキーを押します。

すべてのファイルの設置が終わった後は以前のように新しいドメインのSSL設置ができます。 アップデート履歴や通信状態によりますが、普通は1Mbyte前後のサイズで、1分以内でアップデートは完了します。
#Lets Encrypt #letsencrypt #無料SSL認証書 #取得 #更新 #管理 #Centos #7 #ファイアウォール #ポート番号 #登録 #優しい説明
[肥満度チェック] 実は肥満じゃない?
 
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by MoreKorea.net | お問い合わせ