ホーム韓国生活韓国生活ノウハウ韓国料理・食べ物韓国旅行韓国語韓国エンタメ韓国資料・データ韓国関連サイト情報用語集サイトマップ
[肥満度チェック] 実は肥満じゃない?

韓国で老後準備 - 韓国の民間保険会社の年金・貯蓄商品

掲載 : 2017.8.2
韓国で生活する日本人が気にしている一つは老後準備だと思います。韓国人ほど韓国語がうまくもなく韓国の生活に慣れてない状態では情報を調べるにも限界があるし、もし韓国人の配偶者の経済活動の比重が高い場合、その配偶者に万が一のことが起きた時にうまくやっていけるかも心配です。

特に私は自営業者なのでサラリーマンより年金受給額がすくないことを妻はとても心配しています。それで二人でいろいろ調べたことは掲載しようと思っています。

この記事では民間保険会社が販売している年金商品や貯蓄商品について説明します。日韓、国家の年金制度については次の記事で詳しく説明します。

民間保険会社の危険性について

民間保険会社の年金商品にも一応複数加入していますが正直に不安な部分があります。私たちがもっている不安要素は「保険会社の安全性」と「物価の上昇」です。

不安要素1 - 保険会社の安全性・堅実性

保険会社が潰れた時にそこに入れて置いた自分のお金が返して貰えるのか心配です。特に、今は安全に見えても年金の受給まで20年~30年の時間が掛かるのでその長い期間中会社が潰れる可能性は十分にあります。

不安要素2 - 物価の上昇による保険金額の相対的な価値下落

日本は数十年間物価の変化があまりありませんてした。しかし、韓国は違います。25年前、100ウォン(約10円)だったお菓子が800ウォン(約80円)に、500ウォン(約50円)だったジャージャー麺は4,000ウォン(約400円)になりました。

今民間の保険会社に年金保険に加入し30年後月当たりの受給額が1,000,000ウォン(約100,000円)だとしてもその時になって貰えるは1,000,000ウォン(約100,000円)は500,000ウォン(約50,000円)、または300,000ウォン(約30,000円)の価値しかないおも知れません。

支給余力比率と預金者保護法を理解して活用

支給余力比率

上のように不安な部分はありますが、少しでも安全な保険会社を選ぶことでその不安を減らせます。格保険会社は「支給余力比率(지급여력비율)」を公開するようになっています。これは保険加入者が一気に保険金の支給を要求して来た時にどれくらいの金額が支給できるかを計算した比率で、低すぎる会社は注意する必要があります。加入する前にこの比率を確認するのも良い方法です。
財務健全性の指標になる支給余力比率
財務健全性の指標になる支給余力比率

預金者保護法

韓国には1つの会社で1人あたり元金と利子を合算して最大50,000,000ウォン(約5,000,000円)まで国家(正確には預金保護公社)が保護する「預金者保護法」という制度があり、破産など保険会社や金融機関に問題が発生し支給できない場合、国家が代わりに支給するようになります。ただし、あくまでも第一金融機関や預金者保護法の保護が適用される金融商品に限りますので必ず加入時「預金者保護法」が適用されるのかを確認して下さい。そして「1つの会社で1人当たり最大50,000,000ウォン(約5,000,000円)まで」という制限があるので出来れば小分けして分散することをお勧めします。

日本より高い利率は韓国の長所

ゼロ金利の日本と違って韓国はまた金利が高いです。私たちが結婚した当時(2010年)は年金利5~6%の貯金商品もありました。そのあと徐々に金利は減り、現在は2.5%まで減りましたがアメリカの金利上昇とともにこれからもっと上がりそうな雰囲気です。
2011年販売された年4.0%複利方式の貯蓄性保険商品(バンカシュアランス)
2011年販売された年4.0%複利方式の貯蓄性保険商品(バンカシュアランス)
上の写真は20,000,000ウォン(約2,000,000円)を最初から入れっぱなしにしておく貯蓄性保険商品の相談シートです。一番左から2番目の数値(20000000)が元金で、一番右かから2番目が元金と利子を合算して受給できる金額です。20年後はほぼ2倍の40,000,000ウォン(約4,000,000円)まで増える計算です。韓国の高い利子を利用すると利子だけでも相当な金額まで増やすことができます。
#老後準備 #日韓夫婦 #結婚 #日韓結婚 #日本 #韓国 #保険 #会社 #年金 #支給余力比率 #民間保険会社 #安全性 #堅実性 #危険性 #バンカシュアランス
[肥満度チェック] 実は肥満じゃない?
 
本サイトの情報のご利用時には自己責任の下で読んで下さい。保証、責任は一切持ちません。
All copyrights by MoreKorea.net | お問い合わせ